メニュー 閉じる

スタートアップ支援

朝日が提供する価値

企業価値の向上

知財は企業価値に直結しています。朝日は、知財戦略を駆使して貴社の経営課題を解決し、また将来のリスクを事前に低減することにより企業価値の向上に貢献します。

イノベーションの加速

朝日が創業以来数多くのクライアントと共に実践してきた「発明抽出の技」で多様なアイデアを引き出し、さらに将来を見据えて発展させ、貴社のイノベーションを加速します。

多彩なネットワーク

朝日がこれまでに築いてきた、種々の専門家(弁護士、司法書士、会計士等)とのネットワークを活かして、貴社の課題を解決できる専門家にお繋ぎします。

サービス例

基本特許の創出

貴社の事業プランをヒアリングし、特許出願に落とし込みます。特許はいち早く出願することが肝心ですから、製品・サービスが完成する前にご相談に来ていただくのがベターです。詳細な説明資料を準備していただく必要はありません。手ぶらで打ち合わせに来て下さい。弊所が創業以来培ってきた「発明抽出の技」で貴社のアイディアを特許出願のレベルに言語化します。

知財戦略の策定

特にシード期のスタートアップは資金的に余裕が無いことが多く、何でもかんでも特許出願するというわけにはいきません。特許は資金調達計画や事業計画に沿って戦略的に取得する必要があります。貴社の事業プランをお聞かせ下さい。事業を守り成長するための戦略を一緒に考えます。

CIPO・知財部アウトソース

朝日が貴社のCIPO (Chief Intellectual Property Officer) 又は知財部の代わりとなって、知財面から企業価値の向上に努めます。知財に関する年間計画の策定、予算案の作成、発明抽出会の計画・実行から、補助金・助成金の申請管理、各種期限管理の雑務までお任せ下さい。

出願権利化

もちろん、特許事務所の通常業務である、特許、商標、意匠出願の権利化も行っています。日本で最初のビジネスモデル特許と言われている「マピオン特許」の権利化を始め、数多くの案件で培った権利化ノウハウで強い権利を取得します。

料金プラン

知財権の早期取得を目指すスタートアップの方向けにシンプルな料金プランを用意しています。ぜひご利用下さい。

スタートアップ応援 特別プラン

クライアントの声

朝日のサービスを実際に体験されたクライアントの方々からコメントを頂いています(社名、役職は掲載当時のものです)。

食べられないものがある方の情報を外食でシェアできるサービス「CAN EAT」を提供しています。朝日は、ビジネスコンテストでお会いしたアイデアベースの時代から、創業者がやりたいことを的確に汲んだ上での特許調査や出願準備をしてくださり、非常に助かりました。ベンチャー企業としては創業時から知財戦略を持たないとすぐに競合に真似されてしまうリスクがありますが、そういった創業時に気を付けなければならないことも含め丁寧にサポートいただけて良かったです。

田ヶ原 絵里
代表取締役/CEO

ウェアラブル見守りカメラデバイスおよびソフトウェアの開発をしています。特許出願に際して、こちらが思いついたアイデアを丁寧なヒアリングを通して整理していただいただけでなく、その場でさらにアイデアを広げられるようブレインストーミングをファシリテートいただきました。また専門特化した深い業界技術に関する知識・知見と長年の経験に基づいた的確なアドバイスが素晴らしかったです。

太田 邦博
代表取締役

テクノロジー企業として知財は重要な要素ではありますが、エンジニアが中心で知財専任の担当者を置くことも難しくなかなか進められない課題がありました。そんな中、朝日特許事務所に知財管理や先行調査等の業務のサポートや丁寧なアドバイスをいただき、後回しになりがちな知財を先行して引っ張っていただくことで出願まで進められました。先を見据えた知財戦略の相談にも乗っていただき、知財における頼もしいパートナーになっています。

梶田 裕高
取締役CTO